NYダウ先物のリアルタイムGlobexチャートです。
上の白黒ローソク足は日中の5分足下の青色の線は「モメンタム・オシレーター」(期間20)です
モメンタム・オシレーターは欧米投資家の間で人気のテクニカル指標で、順張り・逆張りどちらでも適用できます。
シグナル点灯回数はRSIやMACDよりも少ないのですが、テクニカル指標のダマシが少ないことが特徴です。


  上のローソク足は日中の15分足、下の赤と青のチャートはスロー・ストキャスティクスです。 NYダウ先物チャート
ラインがクロスしてシグナルが示現したら、そのトレンドが継続するか見極めましょう。


  NYダウ先物のCMEリアルタイムチャートです。4ヶ月スパンの日足表示となっています。
下段の青色の線はモメンタム・オシレーターです。長期レンジでの分析が有効なため、日足での分析です。

NYダウのGlobexリアルタイムチャートのスロー・ストキャスティクスは5分足が最もダマシが少なくなるように設定しました。 ストキャスティクスもMACDも移動平均線やローソク足の4本値のデータを改変したものにすぎないのですが天井形成と底入れのシグナルは参考になります。

スパン証拠金とは、シカゴ・マーカンタイル取引所が独自に開発したリスクベースの証拠金算出方法とその証拠金のことです。 SPAN証拠金システムを用いることにより、限月間ポジションのリスクを相殺することができるほか、先物の建て玉とオプション(コール・プットなど)のリスクを相殺することが可能となります。 例えば個別株の信用取引は個々に証拠金を設定することになりますが、グローベックスが開発したSPAN証拠金を採用すれば全体の所要金額が少なくなりメリットが生じます。

www.anyaulinich.comの株価チャート(Globex futures chart)はいかがでしょうか。 もし見難い箇所や追加して欲しいテクニカル指標や株式情報がありましたら、お気軽にご連絡下さい。