日経平均株価の見通し

 
米株高とシカゴNYダウ先物の上昇を背景としたシカゴ清算値の値上がりは、日経平均株価の現物株の裁定解消取引による上昇を誘発します。 日経225指数が買われると現物株の平均株価との乖離を埋めるためのアービトラージが瞬時に発生するため、ほぼ同時に個別株も値上がりします。

日経平均株価の見通しがたったらWTI原油先物やドル円の予想も行い、精度を高めましょう。 アービトラージは原則として全ての売買注文がアルゴリズム取引によるものですので、手動で裁量取引する場合は他の投資手法を検証しましょう。

日経平均株価の見通しをたてる方法は、ファンダメンタルズ分析による場合とテクニカル指標の変化から導く手法と大きく分けて2通りあります。

  Nikkei225の推移予想
日経平均225株価の見通しは証券会社などの機関投資家に属するプロフェッショナルでも正確に当たることはほとんどありません。 ある程度の誤差は承知のうえで、予想する変動範囲をレンジというかたちで数字に表し、任意の期日にその範囲内に株価が入っていれば予想的中となります。 推移の予想や見通しを考える場合は、NYダウ先物やナスダック総合指数の変動率や騰落率を研究します。

米国株は海外のマーケットになりますが、原則として値動きの予想に使うテクニカル分析は同じですし、経済指標などによってファンダメンタルズを参加者が判断する点も同じです。



  日経平均株価の初心者向け情報
株の初心者でもわかる日経平均株価の速報は、ロイターやブルームバーグの株式速報です。 株式用語やインジケーターの計算方法は難解なケースもありますが、単純にリアルタイムチャートの価格分析で扱う計算なら初心者でも十分理解できます。 直近1年間の最高値をグラフで確認しておけば、次に最高値を抜くであろうタイミングやチャートの形状を予想することもできます。

 
日足や10年前後の長期チャートで値動きを当てるのはある程度は可能ですが、5分足の予測などの超短期スパンでは難しいです。 なぜならCME先物は24時間取引で常に変動しており、特定の大口の投資家による需要で価格が急変動することがあるからです。 日経225のグローベックス先物をグラフで確認するとデータを効率良く解析できます。