ダウ株価の推移
ダウ先物のリアルタイムチャート
S&P500の時系列チャート
ナスダック指数のチャート
日経平均株価のPER推移
日経平均の騰落レシオと騰落率
CME日経225のリアルタイムチャート
MACDのダイバージェンス
ボリンジャーバンドの見方と期間
カギ足と新値足のチャート
NYダウリアルタイム
NYダウ先物
日経平均225リアルタイム
ヨーロッパ株価
アジア株価
ドル円相場
日経平均株価
日経225先物
シカゴ日経平均先物
MT4のNYダウ先物
NYダウの騰落レシオのチャート
先物リアルタイムチャート
ダウ平均株価
グローベックス
ボリンジャーバンド
MT4のインジケーター
CME先物など株式用語
自動売買システム
値洗いと損益
一目均衡表
エリオット波動理論
テクニカル指標
移動平均線乖離率の手法
グローベックスダウ先物
ローソク足の見方
日経平均株価の見通し
CME日経平均先物の推移



 ボリンジャーバンドの見方と期間の設定

ボリンジャーバンドは移動平均線を計算する日数とその種類を選択して、過去の統計上のデータから株価が収まるであろう範囲を推定します。 CMEの日経平均先物やWTI原油先物のトレードで利用するときは、期間の設定によって投資結果が大きく変わってきます。 テクニカル分析は計算の設定やパラメーターを少し変更するだけで全く異なる売買シグナルを表すことが多いのです。


 
 テクニカル分析としての機能を確認する

ボリンジャーバンドの正しい見方は、買いシグナルを逆バリに利用して、その後騙しであることが明確になったときに、損切りしてポジションをドテンするというものです。 あらゆるインジケーターには無数のパラメーターの組み合わせが存在していて、その見方や手法、組み合わせも自由にできます。 つまりどんな単純な売買シグナルも結果はタイミングと売りか買いという判断を提供するものなのです。


 投資の正しい見方は確率と期待値

リアルタイムチャートのローソク足を過去の時系列順に統計にとっていくと、ある一定のパターンが存在していることがあります。 ダブルボトムや三角保ち合いといったチャートのパターンもテクニカルといえます。 株価推移だけでなく、出来高の移動平均線やそのブレイクアウト、トレンドラインも合理的に株価の方向感を指し示していることがあります。