ダウ株価の推移
ダウ先物のリアルタイムチャート
S&P500の時系列チャート
ナスダック指数のチャート
日経平均株価のPER推移
日経平均の騰落レシオと騰落率
CME日経225のリアルタイムチャート
MACDのダイバージェンス
ボリンジャーバンドの見方と期間
カギ足と新値足のチャート
NYダウリアルタイム
NYダウ先物
日経平均225リアルタイム
ヨーロッパ株価
アジア株価
ドル円相場
日経平均株価
日経225先物
シカゴ日経平均先物
MT4のNYダウ先物
NYダウの騰落レシオのチャート
先物リアルタイムチャート
ダウ平均株価
グローベックス
ボリンジャーバンド
MT4のインジケーター
CME先物など株式用語
自動売買システム
値洗いと損益
一目均衡表
エリオット波動理論
テクニカル指標
移動平均線乖離率の手法
グローベックスダウ先物
ローソク足の見方
日経平均株価の見通し
CME日経平均先物の推移



 カギ足と新値足のチャートをMT4に表示する

一般的に株価を見るリアルタイムチャートというのはラインやエリアによって価格の推移を時系列に表示したものです。 しかし、定額法カギ足や新値足は時間が経過してもローソク足を新しく書き入れるということはなく、一定以上の価格の推移があって初めてローソク足を表示します。 ダウ平均先物などの株価が上昇した場合は、それまでに形成した線に継ぎ足すかたちでラインを書き入れます。 下落した場合はその逆になります。


 
 カギ足の書き方とチャートの見方

ダブルボトムやダブルトップのようなカギ足が示現したら、その間のでっぱりの部分のことを肩といいます。 この肩という箇所より価格がブレイクアウトすれば、それはトレンドラインの転換を示唆する売買シグナルという見方をします。 また、トレンドラインを形成しているときは、前回の高値を上方にブレイクアウトしない限りはモメンタムが継続しているという判断をします。


 新値足は非時系列チャート

新値足も鈎足と同じく、ローソク足との比較によりシグナルとしての信頼性を確認して売買に利用します。 非時系列チャートだけで株を売買してしまうのは合理的では無いので、実際の株価推移をリアルタイムチャートでチェックしながら総合的に判断する方が良いです。 MT4ではカギ足の改良版を設定できますので、投資スタンスや手法を開発しながら法則性などを研究しましょう。